熊本県点字図書館
熊本県点字図書館

お知らせ

熊本県点字図書館より

お知らせ

 

 

熊本県点字図書館では令和2年6月5日より来館での貸し出しを再開します。

 

 

来館の際は、以下の事柄をお守りください。

 

1 朝の、検温

 

2 マスクの着用

 

3 来館時の、手指の消毒

 

 

 

 社会福祉法人熊本県視覚障がい者福祉協会並びに熊本県点字図書館は今年50周年を迎えました。

 

 関係各位、点訳・音訳奉仕員の皆様のおかげで50周年を迎えることが出来ました。皆様に感謝申し上げますと共に、これからもご厚情賜りますようお願い申し上げます。

 

社会福祉法人・熊本県点字図書館創立50周年にあたって

          社会福祉法人熊本県視覚障がい者福祉協会

                   会  長 村上 芳継

 

 熊本県点字図書館は、昭和45年4月発足また、それを県より受託運営する社会福祉法人熊本視力障害者福祉会が同年5月に発足し、それ以来50年の長きに亘り多くの視覚障がい者の皆様、行政関係各位の皆様により、ここに50周年の節目の年を迎えることが出来ました。県下の視覚障がい者を代表して皆様のご努力ご支援に対し、改めて心より敬意と感謝を申し上げます。

 熊本県点字図書館は、創立以来県下の視覚障がい者に、様々な情報を提供すると共に点訳本、音訳本の貸出しにより、利用者の知性と教養を高め、更なる生活の向上に大きな役割を果たして参りました。それと共に、平成21年には、それまで任意団体として活動していた熊本県視覚障害者福祉協会連合会が法人に合併、法人の名称を「社会福祉法人熊本県視覚障がい者福祉協会」となり、また平成25年には当時故人となられた平島様のご寄贈により土地、建物、基金を利用して法人の会長をされていた新城育子様を中心に多くの皆様のご努力により視覚に特化した就労支援事業所「あいEYEワークセンター」が誕生しました。このように活動の幅を広げる中、今後は高齢化が進むなか視覚に特化したグループホームや視覚障がい者が積極的に社会参加をするために同行援護事業の充実など、今後の課題も残されています。県下の視覚障がい者が安心安全楽しい生き甲斐のある人生を全う出来るよう頑張っていかなければならないと考えています。

 今後とも、県下の視覚障がい者のご支援ご協力をお願い申し上げ、わたくしの創立50周年にあたってのご挨拶に代えさせていただきます。

 

                      令和2年10月

   2020年度『点訳、朗読(音訳)奉仕員養成講座』の

 

受講生を募集します。

 

 

 

日時 6月8日(月)午後1時30分より開講式・説明会

 

  点訳・音訳講習会6月11日(木)~12月10日(木)まで

 

毎週木曜日 午後1時~4時(全24回)

 

場所 県身体障がい者福祉センター(熊本市東区長嶺南2-3-2)

 

2階 会議室1~3

 

内容 視覚に障害のある人に対する書籍等の点訳、音訳によるサービスを提供するために必要な知識、技能を修得する講座の受講生を募集します。福祉基本講座・技術応用講座・パソコンを使った電子データ作成など

 

対象 視覚障がい者福祉に理解と熱意がある方。

 

定員 点訳15名、音訳15名 先着順 定員になり次第締め切ります

 

費用 無料(但し、講習会用テキスト等は実費)

 

申込 5月30日(土)までに熊本県点字図書館   

 

TEL  096-383-6333(水曜日休館)  

 

-mail    kumashifuku@snow.ocn.ne.jp

 

ホームページ   http://kumaten.jimdo.com/

 

パソコンボランティアを募集します

パソコンボランティア熊本 代表 古家誠司 

 

○ 視覚障がい者の方々にとって 音声ソフトの組み込まれたパソコンを利用すれば インターネットの新聞が読めることに感動されます。「あー、これで社説を妻に読んでもらわずにすみます」と、おっしゃって笑顔になられた方もおられます。

メールの基本操作が出来るようになれば、点字を使わずに文章のやり取りが可能になり、知人・友人との交流の輪も広がります。

さらに読書が趣味の人は、サピエ図書館(点字図書や録音図書などを貸出すネット上の図書館)を利用されて、存分に読書を楽しんでおられます。 

 

○ 晴眼であることによって得られたパソコンに関する情報を 視覚障がい者の方々にお伝えして喜んでいただけることは 私たちにとって生き甲斐でもあります。

最近はパソコンに代わりスマホ(iPhone)のボイスオーバー(読み上げ機能)の操作方法や問い合わせが増えて、パソコン講習会を視覚障碍者IT講習会と名前を変えてスマホ(iPhone)の講座も行っています。毎月1回の視覚障碍者IT講座には、熊本市内だけでなく周辺の市、町から受講者の方々が参加を楽しみにして点字図書館へ来られます。午前と午後の部に分かれますが どちらも2時間の講習会です。午前は受講歴1,2年以上の人たちで、一人の講師が講習を担当します。その時、会員は「受講者の目の代わり」となってサポートします。午後は主に初心者を対象に、ご自分の課題を質疑応答で解決する講座になります。課題が共通する場合は、2,3名で班活動を行うこともあります。

ところで、私たちの仲間が一時期10数名の時がありました。

しかし、最近は会員も8名に減り午後の講座が人手不足になる時もあります。

そこで、パソコンやスマホ(iPhone)の操作に興味があって、視覚障がい者の皆さんの「目の代わりを務めてもいいですよ」と思われる方に、ぜひパソボラ熊本の仲間になっていただければたいへんありがたいと思います。

特別なパソコンやスマホ(iPhone)の技術の有無は問いません。

視覚障碍者IT講座は、毎月第3週か第4週の日曜日

午前は10時から、午後は1時から、それぞれ2時間行っています。(詳しい日程は視覚障碍者IT講座で確認できます。)

また、会員の研修会を毎月第2木曜日の午前10時から12時までおこなってます。

視覚障碍者IT講座や研修会をいちど見学にお出でいただければ幸いです。

問い合わせ先は、点字図書館(096-383-6333)の石坂啓(あきら)さん、または、代表の古家誠司(096-355-0255)です。

皆さんからのご応募を、パソボラ会員一同心からお待ちしています。

熊本県点字図書館のご案内

熊本県内在住の視覚障がい者に対し、情報、文化等の提供と福祉の向上を図るため、様々な事業を行っております。

熊本県内の 視覚障害者の方々が熊本県点字図書館を 利用しようと思われるときに 役立つような 情報を提供します。例えば点字図書や 録音図書の目録の紹介等、または パソコン講習会の日程などです。

 

  1. 一般の方々が点字図書館の活動を 知っていただくための 情報を提供いたします。                                          
  2. 点字図書館におけるボランティア活動に関心を持っている方々へ現在の活動状況に関する情報などをお知らせいたします。                          
  3. 新刊図書の紹介などや点字図書館の発する新しい情報を提供いたします。                                            
  4. 視覚障がい者の方々の、生活の質の向上のために必要と思われる情報を提供いたします。

 

概要

  • 開館日   :1970年(昭和45年)4月1日
  • 設置主体 :熊本県
  • 運営主体  :社会福祉法人 熊本県視覚障がい者福祉協会
  • 施設名称  :熊本県点字図書館
  • 所在地   :〒861-8039 熊本市東区長嶺南2丁目3番-2
  • 電話番号  :TEL 096-383-6333  ・ FAX 096-384-7821
  • e-mail   :kumashifuku@snow.ocn.ne.jp
  • 開館日   :平日(土・日・祝日含む) 午前8時半~午後5時
  • 休館日   :毎週水曜日(祝日の場合開館、木曜日閉館)
  • 休館日     :年末、年始